バスケット日本代表 ワールドカップ初勝利

バスケットボール

いま日本の沖縄県で行われているのがバスケットボールのワールドカップです。3カ国同時開催で日本の沖縄、フィリピンのマニラとインドネシアのジャカルタで試合が行われます。

昨日、2023年の8月27日に男子バスケットボール日本代表は、フィンランド代表と対戦しました。

世界ランキングは、フィンランドが24位で日本が36位という状況です。

バスケットが大好きなぼくヒロヤスから見てもフィンランド、ヨーロッパは全般的に、2メートルを超える選手もたくさんいて、スリーポイントシュートもよく入るチームが多いなと思っています。

それにバスケットの本場アメリカのNBAでも活躍している選手もいるんですね。

そんなフィンランド代表に日本代表が戦いを挑んでいきました。

日本代表のメンバーは、スリーポイントシュートがうまい選手も代表のメンバーに入っていて、活躍を期待していました。

第1クォーターはいい感じでシュートが決まり、リードして終了。しかし、第2クォーターフィンランド代表も得点力を発揮し、逆転されてしまい、やっぱり強いなと感じながら試合を見ていました。そのまま、第3クォーターになってもフィンランドの得点力はすごかったです。しかし、第3クォーターの中盤から終盤に日本代表の底力を感じてすごいと思いました。

まず、日本代表で今回唯一選ばれているNBAで活躍している渡邊雄太(わたなべ・ゆうた)選手、NBAの下部リーグGリーグでプレイをしている、馬場雄大(ばば・ゆうだい)選手、アメリカの大学でプレイをしている富永啓生(とみなが・けいせい)選手と宇都宮ブレックスの比江島 慎(ひえじま・まこと)選手、そして最後に今年日本に帰化をして代表に選ばれたジョシュ・ホーキンソン選手が本当に頑張って良いプレイをたくさんしてくれたお陰でなんとなんと日本代表がフィンランド代表に98対88で勝利をしました

コメント

タイトルとURLをコピーしました