SGEの登場でインターネット検索の新時代がくる

IT

今回は、 Googleが開発した、生成AIの「SGE」のことについてぼくヒロヤスが実際使ってみた感想や思いなどをブログ記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク
PR

SGEとは!

「SGE」というのは、「Search Generative Experience サーチ・ジェネレーティブ・エキスペリエンス」日本語訳で調べてみると、「検索の生成的な体験」というふうな答えが表示されました。
簡単に言ってしまえば、検索の生成AIのことです。Googleは8月30日 から試験導入を開始しました。

現在のインターネット検索の仕組みは!

調べたいワードを入力して検索をします。表示された検索結果のウェブサイト一覧の中から調べたい答えが書いてありそうなタイトルをクリックしてサイトを見に行きます。そして、答えを見つけて分かったという感じになるのが、現在のインターネット検索の仕組みです。

SGEを使ったインターネット検索の仕組みは!

調べたいワードを検索するまでは同じですが、検索結果にこのSGE・生成AIが調べたい答えを表示してくれる党に表示してくれるようになっていきます。現在は試験導入中のため、答えにむらはあるようです。ついにインターネット検索にも試験的にではありますが、AIの導入が開始され始めました。

例えばSGEの検索で「脳性麻痺」と調べると以下のような答えが表示されました。

脳性麻痺は、脳の損傷によって引き起こされる運動機能障害です。脳性麻痺の原因は、出生前、分娩中、または出生直後に生じた脳の奇形や脳損傷です。脳性麻痺の原因としては、酸素欠乏や感染によって生じる脳の損傷や、脳の奇形などがあります。

脳性麻痺の症状は、体が反り返りやすい、手足がこわばってかたくなるなどがあります。また、生後数ヶ月から数年たって、首のすわりや寝返り、お座り、はいはい等の時期が著しく遅いなどの運動発達の遅れで気づかれることがあります。

Google SGEより

まとめ

それでは、SGEのことについてまとめていこうと思います。ぼくヒロヤス試験導入が開始されてから、使ってみました。ウェブサイトをクリックして開くことなく、調べたい答えが分かるというのは、時間がなくて早く知りたいときなどには、非常に便利だなと言うふうに感じました。

 このSGEの登場でSEO(Search Engine Optimization・サーチ・エンジン・オプティマイジェーション)サーチエンジン最適化。つまりワード検索で上位表示をえらう手法が危うくなるなどとも言われておりますが、ぼくヒロヤスの個人的意見としては、このSGEもまだ試験の段階ですし、結局、AIがウェブサイトの情報を収集して答えを出しているので、読者が調べたい答えを書いていくという形は変わらないのではないかと思っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました