脳性麻痺(まひ)手術とリハビリ

脳性まひ手術とリハビリ CP脳性まひ

今回は、脳性麻痺(まひ)障がいを持っている当事者のヒロヤスが手術とリハビリを経験した当時のことをブログに書いていこうと思います。 今回のブログ内容は、あくまでもぼくヒロヤスが経験した一例ですので、参考として読んでいただければと思います。

この記事には、楽天アフェリエイトのリンクを掲載しております。

スポンサーリンク
PR
スポンサーリンク
PR

脳性麻痺(まひ)ヒロヤスの手術について

5歳と11歳のときに両足を手術を受けた経験があります。手術の内容は、両足の内転筋とハムストリングスと大腿直筋を延長術を受けました。

手術後は、キプス固定して車椅子で過ごしていました。
手術を受けた、脳性まひの診断を受けた「ボバース記念病院」でした。

手術後にリハビリ!

ぼくが治療を受けていた当時は、手術とリハビというのが、治療の主流でした。筋肉そのものを手術で改善をして、ボバース法で身体の動きなどを再学習していたんだと思います。5歳のときは、半年そして11歳のときは、3ヶ月入院をして月曜日から金曜日まで平日、毎日リハビを受けていました。


まとめ

脳性麻痺(まひ)手術とリハビリについての記事を書きました。先ほども書きましたが、ぼくが子どものころは、手術が必要だったので、手術をしていただきました。

 正直なところ、脳性まひの診断やリハビリなどの治療を受けることができる病院や療育センターなどは各都道府県にあると思います。必要に応じて手術やリハビリ、場合によっては、ボトックス注射や薬といった様々な選択が今はあるので、しっかりと良い治療法を選ばれることをオススメいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました