ボバース記念病院

CP脳性まひ

脳性麻痺(まひ)理学療法士さん作業療法士さんの役割

今回は、ぼく脳性麻痺(まひ)の障がいをもっているヒロヤスなりに理学療法士 (PT)さんと作業療法士さん(OT)の役割についてぼくヒロヤスなりに説明したいと思います。
CP脳性まひ

脳性麻痺(まひ)の歩行

脳性麻痺(まひ)というのは、中枢神経系が障害されてしまうために、運動障害などが起こってしまいます。そのために人それぞれに程度は違いますが、歩行障害もある方が多いと思います。
CP脳性まひ

脳性麻痺(まひ)手術とリハビリ

5歳と11歳のときに両足を手術を受けた経験があります。手術の内容は、両足の内転筋とハムストリングスと大腿直筋を延長術を受けました。
CP脳性まひ

ボバース記念病院での母子入院

ぼくヒロヤスは、ボバース記念病院に母子入院をゼロ歳と2歳の2回しました。なぜ母子入院をするのかというのは、ぼくヒロヤスのような先天性の脳性麻痺(まひ)のような身体障がいには早い時期からのリハビリがとても大事だからということです。
CP脳性まひ

脳性麻痺(まひ)大人

今回は、脳性麻痺(まひ)大人について脳性麻痺(まひ)当事者のぼくヒロヤスが感じることや経験したことについて記事を書いていこうと思います。
CP脳性まひ

脳性麻痺(まひ)の看護

脳性麻痺の重度の場合、痰吸引、経管栄養、胃ろう処置、人工呼吸器管理、入浴介助、排泄介助などが必要な看護です。
CP脳性まひ

脳性麻痺(まひ)の 痙直型について

脳性まひの分類別の割合で子どもの70%ぐらいの割合が痙直型だそうです。なぜ痙直型という名前なのかというと、筋肉のこわばりを「痙直」というからそうです。
CP脳性まひ

脳性麻痺 (まひ)病院

今回は、脳性麻痺(まひ)の当事者が診察を受けたり、リハビリを受けることができる、病院または療育施設について当事者のヒロヤスの経験をもとにぼくの分かる範囲で書いていこうと思います。 脳性麻痺(まひ)の診断ができる病院 脳性麻痺(まひ)というよ...
CP脳性まひ

脳性麻痺(まひ) 大人

脳性麻痺(まひ)の当事者も一般の方たちと同じように成長をして二十歳となって大人になっていきます。