2023-06

IT

脳性麻痺(まひ)ヒロヤスの文字入力方法

脳性まひ当事者のぼくヒロヤスは、毎日パソコンで文字を入力をするときは、ローマ字で入力しています。 ローマ字入力をする理由は、「OMOIMASU 思います」というな形でアルファベットを組み合わせて入力をすればいいので、かな入力と比較すると、手の移動が少ないというのとほぼ、Shit(シフト)キーを押さなくてもいいということが大きな理由です
CP脳性まひ

脳性麻痺(まひ)の看護

脳性麻痺の重度の場合、痰吸引、経管栄養、胃ろう処置、人工呼吸器管理、入浴介助、排泄介助などが必要な看護です。
CP脳性まひ

脳性麻痺(まひ)ジストニア

脳性まひの特徴の1つ「Dystonia・ジストニア」って格好良く英語で書いておりますが、日本語は、「不随運動といいます。
CP脳性まひ

脳性麻痺(まひ)について

脳性麻痺(まひ)とは、妊娠中または出産時に脳へ何らかの損傷が起こってしまったために生じる運動障害のことです。脳性麻痺(まひ)の症状は、障がいの程度によって異なります。  一般的には、手足のまひ、筋緊張、歩行障害、クローヌス、姿勢異常、言語障...
CP脳性まひ

脳性麻痺(まひ)理学療法士さん作業療法士さんの役割

今回は、ぼく脳性麻痺(まひ)の障がいをもっているヒロヤスなりに理学療法士 (PT)さんと作業療法士さん(OT)の役割についてぼくヒロヤスなりに説明したいと思います。
CP脳性まひ

脳性麻痺(まひ)の 痙直型について

脳性まひの分類別の割合で子どもの70%ぐらいの割合が痙直型だそうです。なぜ痙直型という名前なのかというと、筋肉のこわばりを「痙直」というからそうです。